エトヴォス『ミネラルUVパウダー』が新発売。気になるリアルな口コミとは?

main.jpg


シミ・毛穴をさっとカバーしてくれる、エトヴォスから『ミネラルUVパウダー』が、個数限定発売されているとのことで、成分や効果、気になる購入者さんのリアルな口コミなどを調べてまとめてみました。





ミネラルUVパウダーの代表する3つの効果とは?


そもそもフェイスパウダーとは、紫外線やブルーライトを守るためのスキンケアですが、ミネラルUVパウダーには代表する3つの効果があります。


POINT① くすみやシミ・毛穴をカバー


独自のミネラルブレンドで、大人肌のくすみ、シミ、毛穴、テカリといったお悩みをカバー。あたたかみのあるピンクのパウダーで、ほんのりヘルシーな、素肌っぽいツヤ肌に仕上げます。

POINT② 保湿コーティングパウダーでインナードライから肌をガード


5種のヒト型セラミド※4やヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体などの保湿成分に、外的要因から肌を守る整肌成分オウゴン根エキスやユキノシタエキスも加えた新処方に。さらに、ミネラルを保湿成分でコーティングし、密着感としっとり感がアップ。エアコンや日差しで乾きやすい肌を、夏のインナードライ※2から守ります。

POINT① ブルーライト・紫外線からも守るSPF50 PA++++


5種のヒト型セラミド※4やヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体などの保湿成分に、外的要因から肌を守る整肌成分オウゴン根エキスやユキノシタエキスも加えた新処方に。さらに、ミネラルを保湿成分でコーティングし、密着感としっとり感がアップ。エアコンや日差しで乾きやすい肌を、夏のインナードライ※2から守ります。


ミネラルUVパウダーのリアルな口コミとは?



ミネラルUVパウダーの悪い口コミ


購入者さん 評価★★

仕上がりはとても綺麗で気に入っているのですが、粉飛びしやすくて、少し外出先で使用するには使い勝手は悪かったです。


購入者さん 評価★★★★

顔の日焼け止めは塗り直しが難しいので、UVカット効果のあるパウダーを探していました。
こちらに行き着いたのはノンケミカルであること、ルースタイプであることでした。
ですが使ってみるとプレスドの方が良かったかなぁと後悔気味です。

パフに少量の粉体を馴染ませる、ということが難しいです。
粉体とパフの仕切りは小さな穴が いくつか開いているのですが、まずパフと一緒に振っても粉体があまり取れないです。
そこからパフを揉んでも均一に馴染まないんですよねぇ…
持ち運び可能なサイズのものだから仕方がないのかなぁ?
同じエトヴォスのボディ用UVパウダーは仕切りがメッシュなので、そちらの形状の方が良かったかもしれません。

粉体は赤み寄りでマットな仕上がりです。
ツヤが欲しい気もしますが、これからの時期のテカリにはマットで良いのかも。

以上やや不満はありますが、ノンケミカルで紫外線防止効果の高いパウダーというのは貴重な存在だと思います。
メイク直し、またはメイクしない日には石鹸で落ちる日焼け止めとこちらのパウダーで、と現在活躍中です!


購入者さん 評価★★★★

以前からこちらのパウダーの2017年版を使っていました。
毎日使わないため最近ようやく終わりそうになり、この最新版を購入。
日焼け止め効果に関しては、たいてい他のリキッドタイプのものと併用しているので
これ単体ではよくわかりません。
2017年版はとにかく粉質の肌あたりが優しくて乾燥もせず、汚い崩れ方もせず
色味もちょうどイエベで普通の明るさの自分には合っていました。
この2019年版は、粉の見た目が2017年版より少しピンク寄りの色味に
なっていて、実際つけてみても時間がたつと少し顔色に赤みが出やすくなった
気がします。
頬の赤みが気になっていて、ピンク系の下地やファンデが苦手な私には
色だけでいうと2017年版のほうが安心でした。
ただ、粉質のスキンケア効果、乾燥しないところはさらにアップしているようで
落とした後の肌の調子がいい気がします。
どちらにしても積極的にメイク効果を出すものではなく、
肌負担や他のメイクの邪魔にならずUV効果を補強するためのものというイメージです。
ここ数年すっかり肌が弱くなり、一般的に肌負担が少ないとされる粉ものですら
モノによってはつけていてしんどいなと感じるものがあったので
その点こちらは安心です。
ただ、毎年リニューアルの上限定発売されるこのUVパウダー。
今年のものが気に入ったからといって、来年全く同じものは買えないので
リピーターにとっては案外賭けの要素がでてくるなと思いました。

ミネラルUVパウダーの良い口コミ


購入者さん 評価★★★★★

すてきなUVアイテムに出会えました!
これまでの日焼け止めのベタつきやにおい、肌に悪いことしてるなぁという罪悪感、
それすべてがこのフェイスパウダー&ボディパウダーに出会って一気に解消しました。
店頭でテスターで試して一日過ごしてみて、その良さに感動し、
2つとも即購入。乾燥したと書かれていた方もいらっしゃいましたが、
しっかり保湿すれば、乾燥を感じません。
いつも日焼け止めをいやがる家族も、使ってくれるようになりました!
パッケージもかわいいので、この夏はこの子に頼りたいと思います。
気になる毛穴おカバーして、つけたてはふんわりフォギーな肌に
時間がたつと、肌に密着して、ほんのりツヤ感も出ます。
難点は、つけた時、少し粉が少し舞って、粉っぽくなるところ。
でも丁寧に叩けば問題なし。
べたっとした日焼け止め、肌が呼吸できていないなと不安になっていた方、
ぜひ試してみてもいい商品だと思います。


購入者さん 評価★★★★★

せっけんで落とせる日焼け止めを探しており、現在愛用中のエトヴォスからこちらを購入しました。パウダータイプは初めてです。
薄いピンク色のお粉ですが、顔にのせると肌に綺麗に馴染みます。日焼け効果はまだ実感ありませんが、つけ心地は粉がきめ細かく◎です。
ただし、パウダーがブラシにつきすぎてしまい、ケースが汚れてしまいます。持ち運びには不便かもしれません。
長年フェイスパウダー難民で、結局この3年くらいはフェイスパウダー無しで過ごしてきましたが、40歳を迎えた今、もうファンデだけは限界を感じて辿り着きました。それが、こちらのETVOSのフェイスパウダー
私がフェイスパウダーに求める条件は、肌に優しいこと!カラーレスなこと!高SPFであること!保湿されること!ラメ、パールなしであること!です。
こちらは全てをクリアしていますし、加えて、ブルーライト対策まで!
粉質は細かく柔らかく、ほんのりピンクベージュな片栗粉のような感じです。専属のパフで肌に乗せると、ピタッと潤うように肌に密着して、肌トーンがアップ!そして、自然なツヤっとした潤い感が出ます。
これだけ乾燥しないルースパウダーは、40歳の私にはありがたい限りです。
またこのパフがいい。柔らかくて、スベスベで、パウダーがつき過ぎこともない、高機能なんです。
更にいいのは、汚い崩れ方をしない点です。毛穴落ちが気になる私でも、こちらは毛穴にたまらない崩れ方!
こちらを購入して以来、毎日パウダーファンデの後に使用しています。顔がトーンアップするので、気持ちまで上がります。
そして何よりこのパッケージ!かわいい!このかわいいジャケのおかげで、更に気持ちが晴れて、こちらが今の私のシアワセアイテムです。


購入者さん 評価★★★★★

初めてのETVOSです(^ ^)
こちらの商品はミネラルパウダーということと日焼け止め効果に惹かれて購入しました☆
半月くらい使った感想は、粒子が細かいパウダーでお肌に密着してくれてどんなベースとも相性◎です。
色はほとんど付かず、カバー力もほぼありませんがベース次第で色々変えて使っています。
どちらかというとツヤ肌に見せてくれます。
長時間つけていても乾燥しにくく、しっとり長持ちしてくれました。
化粧直しのとき重ね付けしても厚ぼったくならずにふわっと見せてくれるのでとても重宝します
持ち歩きにも便利です。
お肌への負担や紫外線が気になる方にオススメ!
フタがくるくる回してとれるタイプなので出先では少し使いにくいですが、ルースパウダーなので仕方ないですね(T . T)
まだまだ持ちそうですが使い終わったらリピすると思います♪

口コミから分かるミネラルUVパウダーデメリット・メリットとは?


少数でしたが、低評価の口コミをまとめると、ミネラルUVパウダーのデメリットは、
  • パウダーなので粉飛びがしやすい。
  • パフに少量の粉をなじませるのが難しい。
  • パウダー色が赤みを含んでいるので、好みが分かれる。

ミネラルUVパウダーのメリットは、

  • ブルーライト・紫外線・赤外線からガードをしてくれる。
  • 長時間使用しても乾燥しづらく保湿性がある。
  • 重ね付けしても違和感なくキレイに仕上がりやすい。
  • お肌をガードしてくれるだけでなく、ツヤ感も与えてくれる。

パフに関してですが、粉をなじませるのが難しいという意見もありましたが、逆に高機能でとても使いやすいという意見もありました。


低評価の口コミは、使い方が難しいという意見はありましたが、効果に関しては満足されている人が多いようでした。


夏の日焼け止め対策・パソコンやスマホによるブルーライト・近赤外線など、普段の生活の中でも私達の肌はダメージを受けてしまいます。


自分に合ったお肌ケア対策を早く見つけて、常に潤いのあるツヤ肌を維持していきましょう。


※詳しい商品の特徴はこちらから確認することが出来ます。
☟     ☟     ☟













この記事へのコメント